美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

ルミキシルとトレチノインの併用で肌荒れ

2011
20
今日でルミキシルブライトニングクリームを使い始めて4日目?くらいです。

一昨日の夜、そうだ、トレチノインと一緒に使おう!

と思って2年前に買ったダーモユベントスを顔全体に塗ったんだけど、どうもその後~今日にいたって顔がヒリヒリする。

このヒリヒリ感は、一番最初に皮膚科で処方してもらったトレチノインハイドロキノンクリームを顔に塗った時のヒリヒリ感と似てる。

つまり、トレチノイン療法で言う副作用ってやつ。

にしても、ここ1年の間はすっかりお肌もトレチノインに慣れてるし、しかもダーモユベントスは2年前のものだから効果が弱くなっているのに。

ちなみに、トレチノイン療法での副作用でヒリヒリするのってハイドロキノンクリームの仕業なのですよ。

詳しくは乳首をピンクにした方法に書いてあるので興味ある方は見てみてくださいネ。


というわけで、今はハイドロキノンクリーム使っていないから考えられる原因はただ一つ。

ルミキシルブライトニングクリームってことになる。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。
けどルミキシルって低刺激じゃなかったっけ??

ハイドロキノンなどの化学物質はアレルギーを起こすこともあり、敏感肌の方は使用できないというデメリットがありましたが、ルミキシルは完全に非毒・非刺激性のため、肌へダメージを与えることなく、敏感肌の方でも安心して長期間お使いいただけます。




って書いてあるけど。

しかも、併用するとなお効果ありってのにルミキシル(Lumixyl)グリコピール20ローションというのがあるジャマイカぷぷ

これってグリコール酸を使ったピーリング剤だし~。

トレチノインとどう違うのよ~。

ってことでこれまた確か乳首をピンクにした方法に書いた気がするけど忘れちゃったからもう一度おさらい。

簡単に言うと

グリコール酸は皮膚表面の角質を除去する。

トレチノインは.角質をはがす。

この違い、わっかるかな~、わっかんねーだろーな~。ってなことでつまりは、トレチノインの方が作用が深く角質をはがすってこと。だろう。。。

そこに別にトレチノインほど奥深くまで角質をはがさなくても十分作用するルミキシルブライトニングクリームを付けたから、刺激が少ないって言ってるにもかかわらずヒリヒリしたってこと?

でいいかな~。

ま、とりえず、今後はトレチノインと併用するのはちょっと控えようかな。



関連記事

1 Comments

かやっち  

トレチノインのことで教えてください

はじめまして。道子さんの影響で1カ月ほど前かられんげ化粧水を使っています。
とても肌の調子が良くて嬉しいです。ですが、今はトレチノイン+ハイドロキノンでシミ取り中なのでれんげはお休みしています…。
さて、今使っているトレチノインはネットショップで買った『水性ゲルタイプ』のものです。と言いますのも、数年前に皮膚科でシミ取りをしたときに医師が、「クリームタイプは広範囲のシミ、水性タイプはスポット的なシミに効果的」とおっしゃっていたからです。私が気にしているのはスポット的なシミなので。
ところが、私が調べた限りでは水性タイプのトレチノインを販売しているネットショップは一か所しかないように思います。しかもこれが少々高額でして…。
道子さんはスポット的なシミにもクリームタイプのトレチノインをお使いなのでしょうか。ぜひ教えてください。(道子さんにはスポット的なシミはないかもしれませんが…)

2011/10/20 (Thu) 17:53 | EDIT | REPLY |   

Add your comment