美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

乳首の炎症後色素沈着

2011
31
どーもこんばんみ。

乳首ピン子ですとぶパンダ

      乳首をピンクにした方法はコチラ

乳首にトレチノインハイドロキノンクリームを使用して、却って色素沈着してしまったのでは?というご質問をいただきました。


ピン子さま

先日はホームページ上でのお返事,ありがとうございました。

今日は急ぎお尋ねしたいことがあります。
1ヶ月ほど前にトレチノインハイドロキノンクリームを購入し,トップにすりこんでいました。
ちょっと赤みが出てひりひりしたので,2週間ほど休んだのですが,トップ周りが,最近茶色っぽく見えるような気が。
これって色素沈着なのでしょうか。
ピンクにするどころか,茶色が拡大しそうな一大事です。
そのうち収まるものでしょうか。

痛みが引いたので,最近また塗り始めましたが,色素がにじんでるような部分を,今後どうしたらよいか,何かアドバイスいただければ幸いです。

あと,寝ている間にかきむしってしまうのですが,よい対処方法をご存知でしたら教えてください。

PS.おしりのざらつく部分にも塗ってみましたが,かゆくなってしまいました。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。 バストトップ周りが茶色っぽくなってきたとのことですが、皮は剥けましたかね??

トレチノインを塗ると、塗った個所がかゆくなりますよね?

それで書いてしまったり、バストトップの場合はブラなどで摩擦されるので場合によっては炎症を起こして、その後色素が沈着してしまうという、炎症後色素沈着という副作用があるそうです。

それを避けるために、できるだけかかない、さわらない。かゆくても我慢我慢。

かきつづけると私のワキのときのように赤黒くなります。
ワキの黒ずみ

けれどこれも時間とともにきれいになりました。

このような炎症後色素沈着をさけるためには、トレチノインよりもハイドロキノンの方をひとまわりもふたまわりも大きめに塗ること。

そして、バストトップからトレチノインがはみでないように、一回り小さめに塗ること。

トレチノインはほんの少しでいいんです。

ケチってケチって使ってください。

けれどハイドロキノンはたっぷりと。

さらに心配なら、トレチノインの作用がでないように、乳輪回りにワセリンを塗って周囲の皮膚を保護してあげるといいそうです。って東大式トレチノイン療法に書いてありました。


もし、皮が剥けた後になんとなく乳首周りが茶色くなったような、皮膚の色が濃くなったように感じるならばそれは皮が剥けて新しい皮膚が出てきたことによってちょっと濃く見えるってことかもしれません。

私の場合がそうでした。

ほら、日焼けして皮が剥けて新しい皮膚ってちょっとみずみずしいっていうかきれいな感じだから色が濃く見えることありません??

あんな感じ。

しばらくすると色素沈着っぽい感じも感じなくなりましたけども。

とにもかくにもトレチノイン塗ると痒くなるので基本は痒くても我慢することが一番で、どうしても我慢できなかったらかゆみが収まるまでトレチノイン控えましょう。

けれどその間もハイドロキノンだけはたっぷりと一回りもふたまわりも大きく塗り続けてみてください。

これでだいぶ炎症後色素沈着が抑えられるはず。

そういえば、私は乳首ピンク大作戦中は寝ながらバストアップブラを使っていたのですが、これをすると翌朝バストトップの皮がきれいに剥けて楽しかったのを懐かしく思い出しまふ。
イージートップブラ2

なにもつけないよりも、このほうが保護できていいのかな、とネ。

参考になりましたでしょうか。

なにはともあれ、無理をしてはいけませぬ。

ゆっくりとストレスフリーでやらないと気になって気になって却ってストレスになってしまうので、ちょっと変かな?って思ったら潔くやめることも必要です。

私は生まれ持って痛みに強い&肌が強いというずぶとい精神の持ち主なので意外と平気なのですがデリケートな方は私の真似はやめましょう。

また何か疑問点がありましたらいつでもどーぞー。

関連記事

1 Comments

KintaJR  

トレチノインのかゆみについて…

道子さん?ピン子さん?はじめまして^^
しばらく前からHPを拝見し、お話の乳首美白に興味を持って、先日からついに自分も始めてみた者です。
私の場合は乳首というより、体の他の部位(主にVラインとひじ)に古い色素沈着があって、そっちを目的に始めたのですが・・・。
ちなみに私も幸い肌は強いほうで、さらに海外生活が長いせいか医薬品の類にも結構強いため、トレチノインについては道子さんが最初から皮膚科処方の0.1%(?)だったということで、自分もそのくらいでないと効かないだろうと思い;、トレチ0.1%とあとハイドロキノン4%を購入しました。

1週間くらいはほぼ無反応で、やっぱり効果ナシ?とさえ思っていたのですが、1週間後くらいにVラインが突然赤剥けになり;、痛いし焦ってしばらくVラインは中断(ハイドロのみ+オロナイン等に)しました。
背中にある小さなシミにもつけていますが、ここと肘が一番反応が遅く、2週間くらいたってようやく赤みと皮剥けが出てきました。肘も着実に続ければちゃんと反応は出ますね^^。でも剝け始めてからはかゆみが強く、さらに明らかに皮膚炎ぽいブツブツやカサブタなども広がってしまったので、とりあえずすべての箇所について、ハイドロ+トレチを混ぜて使うようにしました。

どうもトレチの効果が強いようなので;、今さらながら改めて0.05%を注文し、そろそろ届く頃です…。それまではハイドロ+トレチ混合(またはハイドロのみ)で続けるつもりですが、今から0.05%を使って問題ない(効果ある?)でしょうかね…;。改めてここから少しずつ濃度を上げていきたいと思ってます。
ただVラインは、やっぱりデリケート部位なせいかまた範囲が広いせいか、特にかゆみが強くて、なかなかトレチを再開できません。1週間くらいハイドロのみを続けて、ようやく赤みもかゆみも引いたので、また恐る恐るハイドロにトレチをちょこっと混ぜてみたのですが、また1日でかゆみが再開し、結局中断してしまいました。日中は大丈夫なんですが、夜間の就寝中、体が温まった頃に(?)かゆみが出てきて、夜中に毎晩目が覚めてしまうんですよね…。これがツラいので、なかなか続けられずにいます。(かゆいけどかきたくないので、最近よくある「かゆみに効く保湿クリーム」とかを塗ったりしてますが、これってどうなんでしょうね??)

そこでちょっと伺ってみたいのですが、トレチって濃度が適当なら、とりあえずしばらくは赤み・かゆみが出ても、その後は肌が慣れてそういった辛い症状は緩和され、特に辛さはなくポロポロした皮剥けだけが続くようになるんでしょうか?
実際、肘のほうはトレチを減らしてハイドロに混ぜることで、ほぼそういった状態になっているのですが…。Vラインのほうはそもそもトレチをなかなかつけられないので、なかなか慣らすこともできず困ってます;。

あと、ハイドロ+トレチの肝班治療は、2~6週間の治療期間(ハイドロ+トレチ?)と2~6週間の炎症冷まし期間(ハイドロのみ?)で行うと読みましたが、道子さんは乳首にハイドロ+トレチを半年ほどずっと続けられたのですか??

最近はきっと質問も多くお忙しいと思いますので、もしかしてお返事いただける頃にはまた状況も結構変わってるかもしれませんが、いつかお返事を聞けたらとてもうれしいです。^^
いつも参考になる情報をいろいろありがとうございます。これからも楽しみにしていますので、どうぞ今後ともぜひ頑張ってください。^^

2011/11/14 (Mon) 15:07 | EDIT | REPLY |   

Add your comment