美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

【ルミキシル 約20%off今日まで】ルミキシルとハイドロキノン、シミに効くのはどっち?

2011
15
              
昨日初めて「家政婦のミタ」を見たぷぷ

だいたいのあらすじは友達から聞いていたのですんなりドラマに入ることができて、昨日の時点ですでに号泣気味。

最初は「家政婦は見た」をもじった「家政婦のミタ」って、言葉として変だろ~って思っていたけど、その「ミタ」が動詞ではなくて固有名詞の「ミタ」であることがわかって、日テレのやつ、なかなかトンチが効いてるもんだ。。。とか思っていたけど。

そんなわけで初めてみた「家政婦のミタ」で久々に見た松嶋奈々子は相変わらず素敵

なんだけど、ちょっと気になることが。

無表情な役だからだと思うけど、松嶋奈々子の「ホウレイ線」がどうしても一目散に目に飛び込んでくるんだけども。。。

一度気になるとどうもホウレイ線にばかり目がいってしまう。

他の出演者の相武紗季とか、長女役の女の子はさほど気にならないんだけども。

最近は特にアンチエイジングの課題としておでこのシワとホウレイ線に注目していた&悩みでもあったりするので、やっぱり何か本格的に対策しないと、と思ったわけでした。


というわけで、ホウレイ線対策はおいおい考えるとして、ご質問いただいていたので回答ですっ。

いつもとても楽しみにHP拝見させていただいています。

年齢的に顔のシミがヤバイのでそろそろ真剣に美白に取り組もうかと思っているのですが
特に気になるのは頬骨の少し外側にある1cm位のシミです。
まずはコレを薄くしたいのですが、こういったスポットでマズ薄くしたいのであれば
ハイドロキノンクリームトレチノインからした方がよいでしょうか?

ルミキシル ブライトニングクリームも大変興味があるのですが
ルミキシルで顔全体に塗っても気になる部分にスポット的に効果はあるのでしょうか。
ルミキシルは気になる部分だけに使っても効果はいかがでしょう。
すいません。一度に沢山質問してしまいました。

宜しくお願いいたします。




 走るスヌーピーアイドラッグストアーでルミキシルが約20%offは今日まで。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。 顔の部分的なシミには

ハイドロキノンクリームトレチノイン

ルミキシル ブライトニングクリーム

のどっちがいいかってことですよね~。

(-_-;ウーン

まずは、シミの種類を考えてみますと、「頬骨の少し外側にある1cm位のシミ」ということなので、そのシミは肝斑か日光性色素斑(いわゆる日焼けによってできるシミ)でしょうか。。。

肝班はほほ骨の上や、額やエラの上に、左右対称に広がるぺったりとした薄茶色のシミなので、同時にトランシーノでお馴染のトランサミンを内服したほうがより効果的にシミを消せるタイプ。

普通のシミ(日光性色素班)は、加齢とともに出現してくる比較的濃い茶色の輪郭がはっきりしている平たいシミ。

このどちらか、だと思うのですが、どちらも比較的簡単に消せるタイプのシミ。

どっちが効くか、というのも大差ないように思われ、ぶっちゃけ、好みの問題かと。。。

というのは、私は以前皮膚科で処方してもらったトレチ&ハイドロとトランサミン、ビタミンC錠剤で肝班&シミはほぼ無くなりました。その間2ヶ月くらいだったように思います。

が、最近、というかここ1~2年でまた肝班出てきたし、震災後の夏のチャリ通勤で日焼けもしたし、でシミもできた。

けれどそのシミも肝班も、現在ルミキシル2本目の途中ですでに薄くなってきているし、夏の日焼けの顔は完全に元の色に戻って、胸元と顔の色の変化が無くなりました。

美白効果としてはルミキシルのほうがハイドロキノンよりもメラニン色素を作り出すチシロナーゼという酸化酵素の働きを抑制する力が17倍とのことで、ルミキシルのほうが高いのだと思うけれど、結局は今あるシミの根元を排出させて、新たなシミを作らなくする、という意味では、ルミキシルもピーリングを併用したほうがより高い効果を得られるので、ルミキシル グリコピール20ローションなるものがあるわけで、これならトレチ&ハイドロキノンと同じじゃないかっていうこともある。

顔全体の美白&部分美白もってことなら間違いなくルミキシルをおススメしますが、部分的だけなら、トレチ&ハイドロでも十分な効果はあると思われマス。

ただ、ちょっと扱いがメンドクサイのはトレチ&ハイドロ。

それと、赤くなったり皮剥けがひどくなってしまうかもしれないのもトレチ&ハイドロ。

これは人それぞれ反応が違うのでひどくない場合もあるかと思うけれどですね。

そうゆう刺激性を排除してコスメのように使いやすくしたのがルミキシルなんだけれど、費用のことを考えたらお手軽なのはトレチ&ハイドロです。

なので、めんどくさくても多少の刺激があってもかまわないってことならトレチ&ハイドロ。

さらには乳首や脇の黒ずみ、ひじ・ヒザの黒ずみにも使っちゃえ~ってできるのもトレチ&ハイドロ。

ルミキシルでもボディに使えるけど、私はもったいないので使えません。もっぱら顔専用です。

後は、トレチノインにはシミを排出するだけではなく、真皮でもコラーゲンの分泌を高め、長期的には、皮膚の張り、小じわの改善などの効果もあるので、塗った部分がピーンとしてくるような感じはあるのでこれが良い点。

ルミキシルはトレチノインのようなアンチエイジング効果ははっきりとは実証されていないけれど約2ヶ月使用した感想としてはなんだかお肌がツヤツヤしてくるっていうか、透明感がでてくるっていうか、健康的なお肌になるっていうか、そんな感じの効果は美白とは別に感じています。


というわけで、回答になってないかもしれないですが、効果は両方ともあるので、副産物としての効果がお好きな方を選んでみるのがよいのかな、と思います。


私はホウレイ線対策を真剣に考えるなり~。




あ、ルミキシルはアイドラッグストアーで今日まで¥8,980と20%オフです。

今日までって言ってるけど、また延長したりして。

関連記事

0 Comments

Add your comment