美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

カルーセル麻紀さんの再生医療

2011
25
今私の中で熱い美容法。

それが肌の再生医療なのですが、カルーセル麻紀さんが以前にテレビ番組で再生医療を行ったそうなのです。

コメントいただいて、始めて知りました。

コメントの一部を抜粋してご紹介します。


再生医療気になってるんです。
何年か前に、カルーセル麻紀さんが、口の中の細胞を培養して再生医療をするって言う番組を見てから、私もいつか・・・と思っていましたが、その頃はまだ全然『再生医療?何それ?』と言う感じで手立てもなく・・・
結局カルーセル麻紀さんは細胞の培養がうまくいかずに出来なかったのですが(ん?それってやはり年齢が上がりすぎると無理って事?)とか思っていました。




実は私はその事実を知らなくて、ちょっと調べてみたのですが、

2008年2月1日に放映されたフジテレビ放映の「金曜日の告白」という番組で肌の再生医療をされたらしいです。

番組内容としてはカルーセル麻紀さんは、60歳を過ぎたころから急に肌の衰えを感じ始め、コラーゲン注射やボツリヌス毒療法などあらゆる美容療法を試してきたとのことでした。
しかし、これらの方法では効果が長続きせず、半年もすれば元に戻ってしまい、「年には勝てない」と半ばあきらめかけていたようです。そんな彼女に希望を与えたのが、“究極の若返り療法”といわれる再生医療でした。

本法は、口腔粘膜から得られた組織から線維芽細胞を取り出して培養して細胞を増やし、8週ほど時間をかけて培養し、増やした線維芽細胞を法令線に沿って少しずつ注入します。

口のまわりや額にも注入して、約1時間で終了。2週間後に2度目の注射をします。


ここまでの過程は私がRDクリニックで行っている肌再生とほぼ同じと思います。

しいていうなら、私の場合は口の中の細胞ではなく、耳の後ろの皮膚。

そして、肝心のカルーセル麻紀さんのその後、がほとんど検索しても出てこない。

やっぱり失敗・・・??

ググってみると、RDクリニックの北條先生のブログ記事にヒットすることが多くて、結果の有無は書かれてはいないのですが、どうやら皮膚再生医療に使う際の培養用の皮膚は耳の後ろが一般的らしいです。

   ご参考記事→http://www.rederm.com/blog/index.php?blogid=1&archive=2008-02-08


明日血液検査に行くので、聞けたら聞いてみようかな。。。

先生知ってるだろうか。。。


肌再生医療について、これからもできるだけ詳しくレポートしますね(*^。^*)
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment