FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

皮膚採取 体験談

2012
14
再び美女道子です美女道子

本日行ってきましたRDクリニックでのお肌再生医療の第一歩、「皮膚採取」の体験について少々・・・

ちゃんと4時間前から飲食を控えて万全の態勢を整えて、いざ、RDクリニックへ走るスヌーピー


本日はハマモト先生という男の先生で、始めて会うんだけど先生のブログを読んでいたので始めて会う気がしないっていう・・・

以後は私の担当はハマモト先生になるのだそうです。


先生から本日の説明と先日の血液検査の詳細の発表と、私からの質問などがあれば・・・ってことだったけど、質問はないので早速皮膚採取へ。


まずは消毒して、麻酔注射を耳の後ろへ。

「ちょっとチクっとしますよ~」

っていう、歯医者でも麻酔する時のお馴染の言葉に

「はいはい、大丈夫です~」

ってな感じで、チクリと麻酔注射をしてもらって、その後後ろで先生がガチャガチャと何か用具を扱う音が聞こえているけれど、先生に対して背中を向けている(耳の後ろを見せている)ので見えない。

皮膚を切り取るっていうのは初体験のため、かなり緊張して手に汗握るけど、「大丈夫ですか~?」と声をかけてくれる先生や看護婦さんには「ハイ、大丈夫です」と強がってみる。

その後、消毒をして、耳元では、あのジョリジョリ音

これはもしやハサミで切ってる??

麻酔のおかげでまったく感覚がないので痛くも痒くもなく、あんなに緊張したのがちょっと笑える。

と、思っていたら、先生が「今からはさみで切り取りますョ~。ちょっと音が聞こえるかも」って。

え。

ちょっと前にジョリジョリ聞こえたけど、違うんですか??

と、思うも言えず。

「はぃ。。」

とちょっと弱気な返事で、再び耳元でジョリジョリ音を体験。

そして「はい、取れましたよ」との先生の声で、緊張が一気にほぐれて本日の一大イベントが終了。

記念に写真を取らせてもらいました。

PH_78.jpg

わかりずらいけど、白く浮いているのが切り取った皮膚です。

その後、看護婦さんに止血とかいろいろ処置をしてもらって、細胞の培養に使う血液を取って、終了です。

こんな風になりました↓
image (4)

耳の後ろってどのへんだろって思っていたら、耳と頭?の境目のくぼんだところを切り取ったようです。

皮膚を切り取るんだから、麻酔が切れたら痛みがでてくるのかな~って思ったけど、全然大丈夫でした。

傷跡には1週間分の軟膏も処方してくれました。

後は無事に細胞が増えていってくれるまで待ちます。


次回はいよいよ注入ですとぶパンダ


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment