FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

老化は確実に進んでいる!2年前のホウレイ線比較

2012
22
こんばんわ

美女道子でするるる

脂肪分解酵素リパーゼについていろいろと調べている最中なのですが、なかなか奥が深く、もうちょっと調べてから書きたいので、本日は確実に進んだ老化現象について、です。

実は、このブログのテンプレートを変更した年末に、いろいろと過去の写真も整理していたのだけど、2009年11月に、フォトRF(オーロラ)を行った後にすっぴんで摂った写真を発見し、みてビックリ。

今と比べるとお肌の状態がすこぶるいい感じ。

フォトRF(オーロラ)は5回コースを3クールやったので、約1年半くらいの間、レーザーの光をお肌に当て続けた感じ。

フォトRFなどのレーザーでの美肌メニューのしくみは、今ある美肌をつくる細胞にレーザーの光という栄養ドリンクを与えて、もっと働け~というようなもの。

なので栄養ドリンクの効果が切れてしまうと、お肌の状態はまた徐々に衰えてしまうっていうことになる。

そのため、フォトRFなどはやはり2~3年サイクルで繰り返し行うのが効果的なのかな、と思うわけです。

肌再生医療は、美肌をつくる細胞そのものの数を増やすので、ひとつひとつの美肌細胞に栄養ドリンクを与えて重労働を課さなくても大丈夫。

その分、重労働を課されて機能しなくなって死んでしまう(細胞分裂しなくなる)細胞もなく、長く美肌を維持できる、という感じです。

さて、まずは2009年11月と現在のお肌を比べてみましょう。

こちらは2009年11月の、フォトRF5回3クール最終日の写真です。若干の光の具合による違いもありますが、なんとも肌つやがよく、毛穴も目立たなくなったし、シミも消えた。
このとき確か、同時にトランサミンを飲んで、目立つシミにトレチノインユークロマ クリーム(Eukroma Cream)ハイドロキノンを塗っていた。
ホウレイ線比較前


続いて現在(2012年1月)の写真。

現在はルミキシルで美白しているので、夏の頃の黒い感じとシミは目立たなくなったけど、肝班は再出現しつつあるような。
ホウレイ線比較

それでも、あれから何もしていなかったわけではなく、半年に1度のセルフダーマローラーもやっている。

お肌の状態には現在も昔と比べてさほど不満もトラブルもないのだけれど、気になっているポイントがもろに写真に現れた。

ホウレイ線に注目

2009年はあまりホウレイ線がないのに、現在はうっすらホウレイ線が。

たったこれだけで、ほんとうにうっすらホウレイ線があるだけで、見た目年齢が一気に上がってしまう悲しい事実。

このホウレイ線が、とうとう今週の土曜日のRDクリニックでの肌再生医療で、おさらばできることに~。

というわけで今週はテンションMAX

私の耳の裏から切り取った皮膚の肌細胞はすくすくと育っているそうで、いよいよ今週の土曜日にホウレイ線に注入することになりましたうっひょー


さらに、肌再生医療を知るきっかけになり、また、私の美肌のバイブルである保湿とUVケアだけが美肌を作るを書いた、RDクリニックの院長の北條先生のセミナーに参加することにしたのです。

実は私、この手のセミナーとか、イベントなどに参加するの初めてで、とっても楽しみにしているのです。

ただ本で読んだだけではなく、実際にお話を聞いてみるともっと美肌になるために必要なことなどの理解が深められるはず。

   北條先生の美肌セミナーについてはコチラ


とにかく、肌再生医療をやるからには、その後は正しいスキンケアで少しでも長く美肌をキープしなければ意味がないのです。

というわけで、随時進捗をご報告します。


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment