美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

美魔女の次は再生美人?

2012
24
最近、よく「再生医療」という言葉を耳にするのは、私がRDクリニックでホウレイ線への肌再生医療を行ったからでしょうか。

ただ「再生医療」という言葉に敏感になっているだけとか

いやっ、そんなことないっしょ。

やっぱり流行ってるのよ、「再生医療」が。

流行ってるって言うと、まるで荒川のアラちゃんや多摩川のタマちゃんのような、一時的に国民のアイドルになったかと思うとあっさりと姿を消してしまったゴマフあざらしを想像しちゃいますが、そうゆうことではないんです。

つまり、注目されているわけさ。再生医療って。

つい最近では、ヤホーニュースではパーキンソン病のサルが人のES細胞で症状改善された、というのが話題になっていたけど、他には心臓の細胞の再生医療に取り組んでいたりとか、とにかくよくニュースや特集番組で「再生医療」という言葉を聞くわけです。

それもそのはず、文部科学省が再生医療の実現化プロジェクトなるものを行っており、平成15年~19年にはパーキンソン病、脊髄損傷、心筋梗塞等の現在の医療では治療の難しい難病・生活習慣病に対するこれまでの医療を根本的に変革する可能性のある再生医療の実現を目指し、推進してきたらしい。

平成20年からはのヒトiPS(人工多能性幹)細胞を利用した難病・生活習慣病に対する再生医療の実現を目指し、推進中とのこと。

そんななか、既に保険適用もされていて、いち早く実用化された再生量が重い火傷に対し培養皮膚を肌再生医療。

といえば、RDクリニック

皮膚の構造で、線維芽細胞について調べている時に見つけたこんな記事。

肌の再生医療(1)

 年を取ると、顔の「しわ」や「たるみ」が気になる。「ボツリヌス毒療法」や「コラーゲン注入療法」を美容形成外科で受ける人も多い。が、効果が一過性で半年もすると元に戻ってしまう。そのような方法とは全く異なり、患者自身の「真皮線維芽細胞」を用いた肌の再生医療「肌細胞補充(RACS)療法」が登場し、みずみずしい肌をよみがえらせたいと願う人々から大いに注目されている。

 「コラーゲン注入療法などとの違いをよく患者さんから質問されます。しわというのは、さまざまな原因で皮膚が薄くなったために起こるへこみなのです。コラーゲン注入療法はへこみの下にコラーゲンを注入して浮き上がらせる治療です。私どもの行っているRACS療法は薄くなった肌を、一定部分再生するものです」と、美容形成外科の行う治療との違いを話すのは、日本で最初にRACS療法を行ったRDクリニック三田(東京都港区)の北條元治院長。そして続ける。「熱傷の再生医療と同じです」と。

 再生医療は1975年、当時、マサチューセッツ工科大学のハワード・グリーン教授が「表皮培養技術」を実験的に確立したことから始まった。そして一般に認識されたのは83年。米国で全身の95%以上の皮膚が炎で失われた2人の少年に、脇の下の無傷で残っていた皮膚を採り、初めての培養皮膚による再生医療が行われた。2人は一命をとりとめた。

 この後、日本では札幌医大でソ連のコンスタンチン君も同じように救われた。そして、茨城県東海村で起こった臨界事故で熱傷を負った2人への培養皮膚の作成は、北條院長らの東海大学「再生医療チーム」が担当した。「美容形成はメスや人工物を用い、最終目的地点を修正・改造した自分とは違う人、つまり『別人』に設定します。再生医療は本人の細胞を用いるので最終目的地点は過去にそうであったであろう自分自身、つまり『本人』なのです」。

 美容形成での治療とは根本的に出発点や考え方が異なる「しわ治療」なのである。

 ◆真皮線維芽細胞 皮膚は表皮と真皮からできている。真皮が皮膚の大部分を占めており、その真皮の90%がコラーゲン線維で、それを作り出す細胞が真皮線維芽細胞である。

 【医療ジャーナリスト松井宏夫】

 ◆肌の再生医療の名医
 ▼RDクリニック三田(東京都港区)北條元治院長
 ▼銀座リプロボーテ(東京都中央区)杉本佳香院長


日刊スポーツ新聞社「健康連載」より

そうだ、コンスタンチン君ってニュースになってたし、茨城県東海村の臨界事故も知っている。

あの事故で大火傷をした人たちはRDクリニックの北條先生が助けていたなんて

その先生のクリニックで私はほうれい線に細胞注入をしていたという、なんとも光栄な事実。←ミーハーか。


これからは医療業界は再生医療で進化するはず。

そうすれば病気によって命を失う人が減るでしょ。

ということはつまり、人口が増える。

そして美容業界には再生医療でのアンチエイジングが確実なものとなって、若返った女性はどんどん社会へと出て行って、働くようになる。

さらには若返った女性と再生医療で病気が治った男性が出会って結婚する。

子供が増える。

国の税収が増える。

企業が活性化する。

景気が回復する。



つまり、再生医療が実現すれば、景気が回復する。ってのはどうでしょう?

風が吹けばおけ屋が儲かる的な??


というわけで、私のくだらない話はおいといて、RDクリニックの北條先生がテレビに出るらしい。

明日、2/25(土)BS-TBS 14:30-15:00「ヒポクラテスの誓い」で「再生医療への夢」というお題です。

肌再生医療について詳しく知りたい方は必見です。

私は録画予約済み。

明日はちょっと出かけますのでね。


これからどんどん肌再生医療が普及してくると、美魔女の次なるブームは再生美人??

再生美人ベム・ベラ・ベロ。なんて。


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment