FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

シミとシワのトレチノインとハイドロキノン療法

2012
11
東日本大震災から1年。

当時は毎日のように読んでいた震災地区の方のブログ。宮城県名取市ゆりあげ地区復興支援のブログ

読めば読むほど涙がでて止まらなくなるので、いつの間にか読むのを止めてしまった。

現実から目をそむけていたわけだけど、今日久々に訪れてみました。

テレビで見る震災地区はまだまだ復興していないし、私のように現実から目をそむけることが一番いけないんじゃないかと思った。

とにかく自分にできることで無理をせず復興を支援したいと思います。



というわけで、本日も質問コーナー。

シミにトレチノインは効きますか?っていうご質問です。

なんとオランダからメール頂きました。

美女道場が国際化していてうれしい限りでございますとぶパンダ

30を越え(もうすぐ33です)、そろそろお肌もしっかり労わらないと!と思い、シミや小じわをどうにかしてなくしたいっと努力する日々です。
それで、トレチノンを先日購入(海外では市販で購入しやすく、私が購入したのは、日本でも個人輸入などで使われているレチノンA(0.05%)のものです)したのですが、他のサイトなどでの副作用や失敗談を読むと、顔全体に塗るべきなのかピンポイントで塗るべきなのか分かりません。因みにハイドロキノンは購入しませんでした。 私は顔に少々大きめのシミがあるのですが、そこにピンポイントで薄く塗るだけでも効果はありますか?顔全体も白くしたいなと思ってるのですが、顔全体に塗っても大丈夫ですか?その場合、塗った後に普段使用している乳液やクリームを塗ればよいですか? 
それと、ニキビに塗っても(それほど酷くなく、たまにぽつんっと出来てしまう程度です)効果はありますか?
レチノンは2ヶ月くらいの使用?と何かで読んだのですが、、それまでは毎晩使用しても大丈夫でしょうか?(効果が出て来ているのなら、という意味です) 沢山質問があって申し訳ないのですが、他のサイトなどは何だか書いてることもバラバラで曖昧だったりして、あなたのこのサイトを見つけて食い入る様に写真を見させて頂きました。もの凄い肌が綺麗ですよね!毛穴も全く無いお肌!に見えます。毛穴(鼻の回り)も消すことは出来たりしますか?
連絡の方、お待ちしております。どうぞ宜しくお願い致します。



トレチノインが市販で買えるなんていいな~。

なんて、うらやましがるポイントがずれてるますが、市販で買えるということは皆さんどんな時に使ってるんですかね~。

まず、整理してみました。

お悩みは、シミも小じわもたまにできるニキビも、そして毛穴も目立たない綺麗なお肌になりたいってことですよね。

つまり、美肌になりたいってことですよね。

そのためにトレチノインを選んだ、ということだと思うのですが、使い方の前に、ちょっとだけトレチノインが何に効果があるのか、ということから書いてみようかと。

さらに、シミを消すためにはシミについてちゃんと知る必要がある。

一番大切なのは、ちゃんと理解して使うということだと近頃つくづく思うのです。

そのほうが効率よく効果を出せるので無駄な努力をしなくて済むし。


ではまず、トレチノインってそもそもなんなのかってこと。

トレチノインはオールトランスレチノイン酸といってビタミンA(レチノール)の誘導体。

アメリカではしわ・にきびの治療医薬品としてFDA(日本の厚労省のような機関)に認可されていて皮膚の若返り薬として使用されているらしいです。けれども日本では認可されていないので個人輸入で手に入れているってわけです。

ちなみに、化粧品にもレチノール配合のものがあるけれど、このレチノールというのはトレチノイン酸の約100分の1しか効力ないので医薬品のトレチノインに比べたら単なる気休め程度の効果しかないそうです。

ではトレチノイン(レチノイン酸)の皮膚に対する作用は、というと、こんなに素敵

・角質をはがす。
・表皮の細胞をどんどん分裂・増殖させ、皮膚の再生を促す。(約2週間で表皮が置き換えらる。)
・皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑えます。
・真皮でコラーゲンの分泌を高め、長期的には、皮膚の張り、小じわの改善をもたす。
・表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくする。


けれどこの効果は必ず誰にでもでてくるわけではないのです。だってまだ日本では医薬品として認可されていないのだし。

とはいっても、アメリカでは認可されているし、オランダでも市販されているということは認可されているのでしょうね~。魅力的な効果です。

確かにトレチノインを顔全体に塗ると肌にハリがでてきます。私の場合。

だから小じわ対策で自分でやるには一番有効なのではと思うのです。

お悩みの小じわをなんとかしたい!っていうのにはトレチノインを顔に塗ってもそれなりのハリが出てくる、みたいな効果は感じるのかな、と。

ただし、表皮をはがすので、必ず気をつけなければいけないことがあります。

これを怠ると却って肌の状態が悪くなるので必ず守らないとダメです。


1)保湿ケア

トレチノインは、皮膚の角質をはがすので、皮膚のバリアー機能や水分保持機能がなくなってしまいます。
そうするとお肌から水分がどんどん蒸発して、皮膚が乾いて突っ張ったりする。
そして表皮というバリアー機能がないため、いろんな刺激や外敵から皮膚を守るために保湿にて皮膚を保護する必要があるのです。
とにかく乾燥させないように十分に保湿をしないとダメです。



2)紫外線のケア

トレチノイン使用中は、紫外線の影響を非常に受けやすい状態になっています。なぜなら、表皮がはがれているから。よって、紫外線のケアをちゃんとしないとかえってしみができやすくなってしまいます。
というわけで、できれば紫外線吸収剤が入っていない日焼け止めで徹底的に紫外線ケアをしてくださいネ。


さらに、トレチノインはニキビ治療にも使われることがあるそうなのですが、私はニキビに対してはトレチノインを使ったことがないのでなんともお答えできず・・・

ただ、たまにポツンとできてしまうニキビならばトレチノインを使う必要はないと思うのですけども・・・

トレチノインを使うならそれなりに注意しないといけないのでポツンとできるニキビよりもリスク高いのでは、と思います。


小じわケアとしてのトレチノインの使用なら、1日1回、私は夜だけ顔全体にうす~くのばして使います。

私はその時に必ずハイドロキノンルミキシルを使って美白をします。

顔全体に使うので数日後には顔全体の皮が剥けてきます。

私の場合、その皮が剥け終わったらまた顔全体に塗ってます。

それを1~2ヶ月繰り返して、しばらく使わなくなる。

このしばらくっていうのは1ヶ月とか決めているわけではなく、3週間のときもあれば2ヶ月なにもしない時もあります。

てきとーですが、そろそろやろうかな~って感じでつけたりつけなかったりを繰り返している感じ。

トレチノインは使い続けるとカラダが慣れてしまうので、2ヶ月連続で使用しても、そのうち最初のころほど皮がむけなくなったりしてくるはずなので、その際はトレチノインの効果が落ちてきているのとカラダに耐性ができてしまったためなので、お休みしないと使っている意味が無くなってしまいます。

トレチノインは表皮をはがしますよね。

ということはつまり肌のバリア機能が失われていて他の成分が真皮に届きやすい状態にあるわけで、顔全体を美白したいなら、美白美容液を併用しない手はないと思います。

その際には市販の美容液では効果が足りない。

のでやっぱりハイドロキノンがいいのでは、と思います。

オランダにはコスメライトクリームのようなトレチノイントハイドロキノンが最初から一緒になったクリームって市販で売ってないんですかね~??

これが一番手っ取り早いかと。

というわけで、小じわケアと顔全体の美白について、でした。

シミについてはまた別物なので、続きは明日書きます!



cooltext660244248.png

小じわケアには効果を発揮します。

顔全体に塗るので濃度はあまり高くないほうがいいです。

スティーバA(Stieva-Aトレチノイン=レチノイン酸)0.05%(25g)



トレチノインジェル(A-retGEL)0.05%


ハイドロキノン入りなら美白効果も期待できます。

コスメライトクリーム(ハイドロキノン2% & トレチノイン0.025%配合クリーム)
コスメライトクリーム



トレチノインと一緒に使ったほうがいいと思う美白アイテム

ルミキシル
医療機関専門の美白美容液。ハイドロキノンより効果が高く刺激が少ない優秀アイテム。


ユークロマ クリーム(Eukroma Cream)ハイドロキノン4% 王道の美白アイテム


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

-  

学術的な記述がありますが、要約であっても"出所の明示" が無ければ、著作権侵害になります。
「とてもいい文章なので、気をつけてもらえたら」と思いました。

2012/05/03 (Thu) 03:44 | EDIT | REPLY |   

Add your comment