美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

実は安かった!肌再生医療の真実

2012
22
約半年前にRDクリニックでホウレイ線に肌再生医療を受けて、すっかりホウレイ線の悩みから解放されたからか、とにかく私のアンテナにひっかかるこの言葉。


再生医療


というか、実際には医療分野では厚生労働省や文部科学省が「再生医療の実現化」にむけてオールジャパン体制で取り組んでる最も期待され、かつ進歩しつつある注目キーワードなのです。


そして先日ゲットしたRichesseという雑誌の再生医療特集。

10ページにも及んで再生医療についていろいろと紹介されていて、ますます再生医療について興味でてくる。

最近で毛のないマウスの背中から真っ黒い短い毛が一か所にだけ生えているという、なんとも不思議な映像をニュースでみたことがあるのだけれど、これも毛を生み出す「毛包」という幹細胞を培養して移植した再生医療。

これで一歩、ハゲの悩みから解放される未来に近づいた、というわけ。

そして今一番一般的な再生医療が「細胞シート」という、自分の細胞を培養してシート状にしたものだそうで、心臓や角膜などに使われることで心不全の方が元気に歩けるようになったり、視力がよみがえったりしているそう。



ところで、よくテレビなどで再生医療といえば、ips細胞、みたいに出てくるけど、これって実は日本人が発明したんだって。


で、その発明者はあの内側から発光しているお肌の持ち主、綾瀬はるかの美肌を抜いたという山中伸弥教授。
  (最も美肌な持ち主に書いてます。)


iPS細胞がすごいのは、神経・皮膚・筋肉などのあらゆる細胞や組織へ対応できる点。

今までの再生医療の細胞は、特定の場所にしか機能しなかったのだそう。

このiPS細胞の発明によって、医療の現場では医療革命が起こりつつあるらしい。

つまり、ips細胞はMade in Japanなわけ。

すごいぞニッポン

そして当然ながら、美容医療業界にも再生医療によってちょっとした革命が起きている(かどうか知らんケド)わけで、それが私が体験した

肌再生医療

なわけです(o ̄ー ̄o) ムフフ

Richesseの再生医療の特集の中にあったQ&Aで、

「細胞シートをシートマスクにようにしたら美肌になりますか?」

という質問。

回答は細胞シートを開発した先生で、「ケミカルピーリングを強めにやって、皮膚の表面を削った部分に細胞シートを貼ってみるのは効果あるかもしれないけど、普通の状態で細胞シートを張っても効果はないだろう。」と。


これってこれって。

だからRDクリニックの北條先生はその細胞シート状のものを液体にして皮膚の中に注入できるようにしたんではなかったっけ??

真皮に直接細胞を注入することで、細胞シートを貼りつけるよりも見た目は全く気にならないし、ダウンタイムもないしっていうことだったような。

例えば、火傷などで皮膚表面が失われてしまった場合には雑菌などが入り込まないようにするためにも細胞シートで覆うことが重要なんだったような。。。

つまり、細胞シートをパックする、みたいな方法で美肌を目指すよりも、明らかに簡単でお手軽なのがRDクリニックで行っている肌再生医療なはず。

まさにアンチエイジング革命。

美容目的のためにせっせとアンチエイジングしても、実際には見た目が若い人の方が長生きできるっていうデータもあるみたいで、精神的にも良い方向へ動き、結果として心身ともに健全で、かつ長生きできるならせっせとアンチエイジングに勤しんで正解。

今後ips細胞による治療が実用化されれば人類の寿命はもっと伸び、病気で無くなる方が激減するのも夢じゃないのです。

だがしかし。

細胞の培養にはお金がかかる。

これが再生医療専門医の皆さんの意見。

だから研究にも莫大な費用がかかる。

国からの補助や企業からの資金提供など、お金がないとせっかくのすばらしい発明も実用化にはつながらない。

とにかく細胞の培養にはお金がかかるんだって。

そうか。

よく皆さんからコメントいただくのだけど、RDクリニックの肌再生医療の費用が約60万というのはちょっと敷居が高い、と。

確かに気軽に受けるわけにはいかないお値段。

けれどなんだか今回の再生医療特集を読んで納得。

いや、むしろ安いんじゃ??とか思ってしまう。

細胞の治療は、約1年前までは「院内完結型」という細胞の採取、培養、注入、と一貫して同じ施設で行わなければならないことになっていたらしい。

けれど最近では基準をクリアしたら「院内完結」ではなく、外注として他の専門施設に依頼してもよくなった。

するとどうゆうことが起こるか、というと、培養してせっかくできた新しい細胞も、実際に注入されるまでに2時間以内に行わないと生着率、つまり注入後にちゃんと皮膚内に定着してコラーゲンを生成したり、正常に機能する率が下がってしまうそう。

だから当然、同じ院内で採取~培養~注入を行った方が安全だし、効果が出る確率も高くなる。

そういえば、RDクリニックで見せてもらった細胞培養室。

診察室のすぐ裏にあった。

ドアを一枚開けると、すぐ裏にもう一枚のドアが・・・
PH_971.jpg

のぞいてみたら、そこは、無菌状態の細胞培養ルーム。
PH_991.jpg


つまり、皮膚採取して、5歩も歩けば、無菌室。

その中で細胞を培養してもらって、注入する時は直前まで無菌室。

注入するまで2時間以内に行わないと細胞の生着率が下がってしまうと言われる細胞は、ほんの3秒で診察室に届けられるわけ。

これなら安心だし、効果も期待できる。

実はRDクリニックのような採取~注入まで一貫して行っている、「院内完結型」の美容クリニックはないんじゃないかと・・・

それだけの専門的な施設の維持は莫大な費用がかかるに違いないわけで。

なのに1部位の治療費約60万は実は高くない。


ちなみに、自分の脂肪を吸引して、その脂肪幹細胞を培養し、ホウレイ線などのシワなどに注入して行うタイプの再生医療を手掛けている松倉クリニックでは、治療費はなんと250万だって


院内完結型ではないのに、です。

そしてまだ2例しか実施結果がない。

この2例はいい結果が出てるとのことなので、再生医療は一歩一歩進んではいるけれど、それだけではちょいと不安。

RDクリニックのお値段の4倍なのだから~。

聖心美容外科でも脂肪細胞による再生医療を行っているけれど、やはりお値段は約100万とRDクリニックよりも高額です。


だからつまり。

やっぱりRDクリニックは高くなかった。

今回の再生医療特集を読んで、改めて実感。

むしろ、割安なんではないかと思ったりもする。

ま、私の場合はとっくに結果が出てしまったので十分すぎるくらい満足なんだけど、改めてRDクリニックを選んで良かったと、つくづく実感してしまったわけです。



再生医療特集やってます。↓



関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

3 Comments

kei  

初めまして!

肌再生医療、最近よく耳にしますが
本当に効果があるのですね~
持続性があるところがすごいですね!
それにしても、キレイなお肌ですね^^

2012/07/23 (Mon) 11:59 | EDIT | REPLY |   

maman  

感謝です

今年アラフィフに突入となり、偶然見つけた美女道子様の綺麗なお肌&飽くなき美の追求の姿勢に手抜き美容に逃げていた私は反省…

以前気になっていた再生医療。道子様の絶賛と顕著な変化に後押しされクリニックに伺って
先週皮膚細胞採取してきちゃいました。
ブログ拝見の特典もありがたく頂いてしまいました。
ありがとうございます。 注入が楽しみです。
諦めずに私も頑張っていきます(笑)
更新楽しみにしています。

2012/07/23 (Mon) 13:30 | EDIT | REPLY |   

るう  

再生医療のお値段

こんにちわ~!いつもためになるブログをありがとうございます。

道子さまのブログで私もRDクリニックの再生医療にすっかり興味が出まして…。
しかし値段はネックでございます。

家族に言っても反対されるでしょうからせいぜい内緒で使えるお金は年間20~30万円。
そして悩みは道子さまと違い法令線だけではありません。
できればおでこ・鼻以外は全部まんべんなく打ってほしいです。

そうするとどうも100万以上になるようです。
また私は地方なのでそれ以上に交通費なども合わせると130万くらいを考えないと行けないみたいです。

そして効果の続く期間は3,4年となると
1年に約30万~くらいですね。(保管は無しで)

効果が絶大だったらこれもありかな~。
もし効果がたいしてなかったら恐ろしいですが。

1年30万で、もし法令線が消え、たるんだ目元が若返り、フェイスラインもキュッと上がるなら
やってみる価値があるかも…と思います。
化粧品台を節約する必要はありますが。

現実的に最初に用意する100万~120万をまずは貯めないと行けないのであと数年かかります。
ああ…取り留めもなくすみません。

道子さまはおでこ・鼻を除く全顔に再生医療することはどう思いますか?
(経済的、効果的に)

2012/07/25 (Wed) 15:44 | EDIT | REPLY |   

Add your comment