FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

カイネチン

2012
22
1年くらい前に買ったカイネチンクリームが冷蔵庫から出てきた。
カイネチン

未開封だったので問題なし、ということで使ってみた。

カイネチンとは、細胞分裂の促進や、老化抑制作用を持つ植物ホルモンのことらしい。

化粧品の効果としては肌のキメを整えて、内側からふっくらさせるとのことなので、主に小じわにいいらしい。

このドクターシーラボのカイネチンクリームは、原液シリーズのものなので有効成分が普通の化粧品よりも多く配合されているのだと思うのだけど、そんなことはどこにも書いてないけど、とりあえず一般化粧品よりはたくさんカイネチンが入っているのだろうと期待して顔全体に塗り込む。

だがしかし。

これはどちらかというと目元とかの小じわが気になるところにピンポイントで使うタイプのものらしい・・・

顔全体に塗ってみたけど、なんら変化を感じません。

まだ1日目だから当たり前だけども。


カイネチンといえば、有名なのがカイネレースクリーム



1993年にFDA(アメリカの厚生労働省のようなところ)に認可されたシワ、シミの改善クリームで、臨床実験の24週間後、97%のカイネレースのユーザーの肌が美しく変化していることがわかったのだそう。

このカイネレースクリームにはカイネチンが0.1%の濃度。

ドクターシーラボのは何%なんでしょうか~

しかも主成分のカイネチンは、皮膚の繊維芽細胞に直接働きかけ、真皮細胞の寿命を伸ばして健康な細胞を再生する効果があるらしい。

ってことはつまり。

肌再生医療によって、ホウレイ線に入れた新しい細胞の寿命を延ばせるってことになる。

ってことはつまり。

肌再生医療の効果が持続するってことになる。

     肌再生医療体験記はコチラ


普通の化粧品なら、そこまでカイネチンに期待しないけど、FDA認可なら医薬品扱いってことになって、より高い効果が得られるはずなので今後はカイネレースシリーズに注目です。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment