FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

ハイドロキノン3%白肌ゲルの作り方~材料~

2012
05
昨日到着しました。
001_20121005132858.jpg

なにやらプチプチに包まれた化学薬品みたいな容器。

ネットで買った白肌ゲルクリーム手作りセット。
【送料無料!】白肌ゲルクリーム材料セット

【送料無料!】白肌ゲルクリーム材料セット
価格:6,090円(税込、送料込)



超音波美顔器用なので、できるだけ安く、と思い切って買ってみました。

ところが~。

超音波美顔器には水性ゲルなので、購入した白肌ゲルクリームセットではなく、白肌ゲル材料セットでよかったのです。

クリームにしなくてよいので、クリームに仕上げるためのスクワランオイルは不要でした。

余計なものを買っちまった。。。


と、いうわけで、昨晩早速作ってみました。

ちゃんと作り方も入っていて親切
003_20121005133156.jpg

作ったのはハイドロキノン約3%の濃度の白肌ゲル。

まずは材料から。

①ハイドロキノン 付属計量スプーン9文目1杯  1グラム
ハイドロキノン
ハイドロキノンって粒子が粗めの透明な粉でした。

5グラム入っているのでまだあと4回分使えます。

②水溶性ビタミンC誘導体 (付属計量スプーンすりきり1杯)1グラム
vtaminc.jpg

こちらはキメの細かいお粉でした。

水溶性ビタミンC誘導体というのは正式名称はリン酸アスコルビルマグネシウムといって、医薬部外品の美白剤として認められているらしい。

アスコルビン酸には以下のような効果があります。

・メラニン色素生成抑制作用(チロシナーゼ活性の抑制)
・コラーゲン合成促進作用
・過酸化脂質抑制作用→いわゆる細胞の酸化防止作用のことで、過酸化脂質の蓄積が進むと細胞膜が破壊され細胞が死んでしまうのだそうです。
  

  余談ですが・・・

細胞が死んだら当然お肌にハリがなくなり、シワ・タルミの原因になります。
私がRDクリニックで行った肌再生医療は、死んでしまって減ってしまった細胞を新たに注入して、法令線などのシワを改善させる、というものです。
 

で、リン酸アスコルビン酸マグネシウムは、アスコルビン酸の安定性を高くしたリン酸の誘導体で、つまり、体内でアスコルビン酸に分解されるようなしくみになっているのです。


さて、お次。

③クエン酸0.5グラム (付属計量スプーン3文目1杯)
kuensan.jpg

クエン酸といえば、レモンよりも酸っぱくて、梅干しなどに含まれていて疲労回復に効く、というのが私の知識。

けれどクエン酸はビタミンC(アスコルビン酸)やビタミンE(トコフェロール)と同じく天然型といわれ、成分として元々抗酸化作用を持っているのだそう。

そういえば、夏場のお弁当に梅干しを入れると腐りにくい、っていうのは、まさにクエン酸の天然型酸化防止効果だったんだ~と豆知識ゲット。

これを入れないと、ハイドロキノンはすぐに酸化して変色し、効果が薄れてしまうそうです。


④ゲルクリームのもと1.5gグラム (付属計量スプーン1杯)
gel_20121005155912.jpg

乳白色のトロっとしたゲル。

もっとネバネバしたものを想像していたけど、このままでもゲルとしていけそうな感じ。

無臭。


⑤精製水50g(50ml)
rose.jpg

今回はローズの香りのローズ水を選びました。

他にもラベンダー水とカミツレ水があります。

無臭がよければ、普通に薬局で精製水売ってるので、それでも全然問題ないです。

1回で半量使うので、他の材料に比べたら精製水は間違いなく足りなくなります。



以上で必要な分量は終わりです。

全部セットになっているので簡単。

自分で用意しなければいけないのは、出来上がったハイドロキノンゲルを入れる容器とビーカー二つ。

それと、混ぜる棒みたいなもの。

ちなみに私はドクターシーラボの空き容器を二つ用意しました。
012_20121005161553.jpg

出来上がったゲルはなるべく1ヶ月以内には使い切りたいので、ちょうど50グラム用のものに入れることに。

ビーカーなんて持ってないし、お料理用の計量カップを使うものアレだし、というわけで空き容器に直に入れて作ってみることに。

小さい容器はゲルのもとを精製水でのばす時用に使うために用意して、まぜ棒の代わりにアイスクリーム用のプラスチックの使い捨てスプーン。


だがしかし。

後々にこの容器達のせい(?)で、大変な思いをするのです。

なので、ちゃんとビーカーと混ぜる棒みたいなものは用意した方がいいです。

私は次回はビーカーを必ず買おうと思いました。



実際の作り方は次回で。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

eri  

はじめまして!

いつもブログ楽しく拝見させてもらってます。

ブログを参考に、トレチノイン、ハイドロキノン、れんげ化粧水を購入したのですが、トレチノインで前顔パックをする時はどの順番でつけたらいいのでしょうか?
乾燥肌なのでトレチノイン、ハイドロキノンだけでは乾燥するので…

それと、化粧する時はこの三点はつけないほうがいいのでしょうか?

2012/10/06 (Sat) 07:24 | EDIT | REPLY |   

Add your comment