FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

だからやっぱり再生医療がすごいんです。

2012
08


ノーベル医学生理学賞受賞 山中伸弥教授




というわけで、あの。

例の。

お肌ツルツルな京都大学の山中伸弥教授が人工多能性幹細胞(iPS細胞)作成という再生医療の分野での大きな発展につながる発見で、ノーベル賞を受賞しました。

わぁ~

と、なぜかかなり嬉しい気分。

今まであまりノーベル賞とか興味なかった、というか私には関係なかったので(あたりまえ)「へぇ~」と素通りだったけど、今回だけは違います。

RDクリニックで肌再生医療を受けたこともあって、だから再生医療はすごいんだよ~っ、やってよかったよ~っていう再生医療という分野に自分が関わることができたうれしさが。

さらに

まさかのうれしいコメントも頂きました。

いつも楽しく拝見しています☆

見ました!ノーベル賞受賞。iPS細胞~山中教授~というフレーズを聞いた瞬間、美女道子様がパッと浮かんだ次第です・・

自分が再生医療を受ける日はまだまだ先ですが(必要ないのではなく資金面の問題っす)、もっともっと世間に周知されて気軽にできる日が来るといいなあ~なんて思っていたので、今回の受賞は大きな前進だったのではないかと思います。



ips細胞の山中教授=美女道子 という数式がぱっと思い浮かんだなんて、相当マニアックだと思われますが、それもこれも山中教授のお肌がツルツルピカピカだと訴え続けてきた甲斐があったというものです。

これからの世界の医療が大きく変わっていく、まさに記念すべき賞なのですけれども、私の注目ポイントはただひとつ。

山中教授のお肌がツルツルピカピカなのを見てほしい。

それだけです。

きっと今まで以上にテレビの露出が多くなると思うので、見る機会も増えると思います。

おでことかシワひとつない。

うらやましい限りです。


そんな私も法令線に肌再生医療をしてから、7ヶ月が経過しました。

もうほぼ完成系として法令線は全く気にならなくなっているのですが、山中教授のノーベル賞受賞を記念して再び比較してみました。

watermarked-pizap.jpg

法令線。

ふ~く~れ~ました~。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment