美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

乳首を一度ピンクにしたらいつまで維持できるのか

2013
05
久々の乳首ネタです。

去年はほとんど乳首ネタは記事にしていないけど、それは特になにもしていなかったから。

それよりも先に今まで目に付かなかったほうれい線とか頬のこけが目立ってきたので、そちらに専念しているわけです。

乳首美白のケアをしなくなってから1年以上が経ってしまったわけなのですが、最近ちらほらと乳首美白についてのご質問が増えてきたので、久々に取り上げてみたいと思います。

ちくびなんですが、やったすぐはたしかにピンクになり
クリームをやめると元の色に戻りませいんか?
その後もハイドロキノンは塗っていないとダメなのでしょうか?



今回のご質問に関しては、多分個人差があると思うのであくまでも私の場合、ということでご参考まで。

では、毎度恒例、

「なんで乳首が黒ずむのか?」

についてから。

乳首の色が濃くなる原因、それは、

①女性ホルモンの影響
②日本人が有色人種だから
③下着と常に接していることによる摩擦でおきる色素沈着


この3点が主な理由で、特に③の下着との接触による色素沈着ということを考えると、一度ピンクにしたからといって、放置していたらまた元に戻ってしまうかも・・・っていうのはなんとなくわかると思います。


乳首をピンクにするためにトレチノインを塗るのは、既に黒ずんでしまった表皮を剥がして表皮内のメラニン色素を排出させるため。

ハイドロキノンは新しくメラニンが作られないようにメラノサイトを活性化させるチロシナーゼの働きを抑えて、美白を維持させるため。

つまり

トレチノインハイドロキノンの2つの作用があって初めてピンクな乳首か完成するので、どちらかひとつだけでは効果は限定的になるのだそう。

トレチノインだけでも現状の黒ずみを取り去ってくれるのである程度の効果は認められるはずだけど、常に下着と接していることによる摩擦での色素沈着は避けられないことを考えると、ハイドロキノンは重要です。

余談ですが、叶姉妹がお家の中では全裸でウロウロしているっていうのも、乳首美白の観点で考えてみるとよいことのように思う。

まぁ、もっと他に美容にいいことがあるから全裸でいるのだろうけども。

私の場合、乳首美白を止めてから1年半?2年?位経つけれど、その間ハイドロキノンだけを塗り続けている、ということはしていません。

けれど美白をする前に戻ってしまった・・・ということもない。

でも最高にピンクになった時に比べたらやはりくすんできていることは確かです。


きれいなピンク色のバストトップを維持するためには、


トレチノイン + ハイドロキノン

ハイドロキノンのみ

を自分が納得できるまで繰り返し行うことがいいみたいですョ。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment