美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

トレチノインジェルとクリームの違い

2013
08
昨日初めてトレチノインジェルの0.1%を顔に塗ってみた。

IMG_0455-001.jpg

今までずっと超強力トレチノインの0.4%2年落ちのやつ(っていうかただ古くなって威力が弱ったもの)を使っていたのだけど、やっと全部使い切ったので、濃度は弱いにしても、新しいトレチノインなので期待大。

今のところは特に変化はなく、顔が赤くなったり、皮が剥けてきたりもしていない。

セメダインみたいなトレチノインジェル
IMG_0481-001.jpg


さて。

現在個人輸入できるトレチノインには濃度以外に2種類あります。

ジェル(ゲル)タイプとクリームタイプで、スティーバAはクリームタイプ。

濃度が同じならどちらでも一緒だろうと思いがちだけど、実は効果が違うのです。

ジェルは水溶性なので、クリームタイプに比べたら10倍程度の浸透力なのです。

なので同じ0.1%のトレチノインでも、効き目月よのはジェルタイプ。

使用説明書にはオイリー肌にはジェルタイプ、乾燥肌にはリームタイプが良いと書いてあったりもするけれど、お肌のタイプ別、というよりは効き目に違いがあるので、マイルドに効かせたいならクリームタイプがお勧めです。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment