美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

トレチノインの反応が強すぎる時の対処法

2013
13
「私はカーボキシー(二酸化炭素を腹部や内もも、尻などに注射し脂肪を取り除く施術)中毒かもしれないが、プロポフォール中毒ではない」

と言ったのは、睡眠導入剤(睡眠薬)「プロポフォール」を不正使用した疑いで事情徴収を受けた韓国の女優、パク・シヨンさん他3名の中の誰かの言葉。

さすが美容大国韓国。

カーボキシーとはカーボメッドで知られる二酸化炭素で脂肪を溶かす機械です。

1度やったことがあるけど、なんともいえない痛さにお試しで終わったのだけど、カーボメッド中毒なんて聞くと、やっぱり効果あるのかな・・・なんて再び注目中。

本日の気になったニュースでした。

では、本日は質問コーナーです。

トレチノイン0.5パーセントを使用中ですが、今日、ケミカルピーリング10パーセントをしました。
そしたら夕方から赤くなって皮がポロポロ剥けてきてるんですけど、この状態の間はトレチノインの使用はやめた方がいいですよね、、?!
以前、道子様がお医者さんから「併用すると効果アップ」と言われたと書いてらっしゃったのでやって大丈夫と思ってたんですけど(あ、道子様のせいにするような書き方ですみません!!そういう意味じゃないんですけど)実はトレチノイン出してもらってる病院と、ピーリングした病院が別のところの為、「今、トレチノイン使ってる」って言わないでやっちゃったもので、、ひどくなるようならトレチノインの方の病院に行こうと思ってますが、、
再来週、サーマクールもする予定なので、不安で~。なにか参考になるお話があったら教えて頂けないでしょうか~?!



トレチノインの0.5%というのは、私も実際に試したことのない濃度。

0.4%のトレチノインですら、顔に塗るのはばかられるほど、真っ赤になります。

お医者さんの処方と言うことなのでそんなに高濃度のトレチノインを使ってらっしゃるのだと思うのですが、そこにケミカルピーリングを併用するとなると、ある程度の過剰反応は覚悟しないとダメなレベルだと思われます。

ただ、ケミカルピーリングは10%程度のようなので、そんなに強い濃度ではないみたいですけども、やはりトレチノイン0,5%というのは未知な世界です。

トレチノインの反応があまりにも強い時は、一旦使用を中止して様子を見た方がいいと思います。

とにかくできるだけ早く元の状態に戻したいってことであれば、ステロイド剤を塗ると治りが早いのですけど、その代わりトレチノインの効果は無くなってしまうので、どうしてもっって時には使ってもいいらしいけど、また最初からやり直しになってしまうことになるので、できるだけ使わない方がいいみたいです。

市販でもステロイドが入ったクリームは売っているので試してみるのもいいかもです。

経験から、効果があるのはお医者さんに出してもらうちょっと強めのステロイド剤でした。


あと、トレチノインの効果を抑える?というか、顔の皮剥けを抑えるのに私がよく使うのはソンバーユ



トレチノインを塗って、「今日皮がむけてきたら困るんだよ~」ってな時に、あらかじめソンバーユを顔全体にうすーく塗っておくと、皮が剥けてきません。

その後もあまりトレチノインの反応もなくなるけど、そんな時はまた改めてトレチノインを塗り直したりしています。

ご参考まで。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/02/14 (Thu) 14:09 | EDIT | REPLY |   

Add your comment