美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

頬のこけに細胞注入 1ヶ月後

2013
04
1月末に細胞注入をした頬の状態確認のためにRDクリニックに行ってきました走るスヌーピー

去年ほうれい線に細胞注入しているので、自分の大体の細胞の膨らみサイクル?というか、反応サイクル?成長サイクル?みたいなのはわかっていて、ほうれい線のときは1ヶ月検診時には既に効果が現れ始めていて、写真でも比較するとほうれい線が目立たなくなっているのがわかった。

そのときの記事↓
http://hklesson.blog66.fc2.com/blog-entry-704.html

そんでは、頬のこけの場合はどうかというと、

こんな感じです。
頬のこけ1ヶ月後

1ヶ月が経過して、現時点では

・ヨコから見た時の頬のこけ具合はまだ目立つ。
・最近ますますほうれい線が目立たなくなったような気がする。
・頬の周辺の手触りがなんだか変わった。



というのが感想。

クリニックで写真を比較して確認したこと。

・頬骨周辺のこけはまだ様子見。
・ほうれい線は先月(つまりほうれい線への施術1年後)より目立たなくなっている。
・頬のデコボコが目立たなくなった。


最後の頬のデコボコ、というのが今回の比較写真でよくわかる。

頬にハリが出てきたからBeforeと比べたとき、今までの頬に入っていたスジみたいな影が目立たなくなってきているわけで、頬の手触りが変わった、というのはつまり、今まで軟らかかったのがなんだか固くなったというか、ぷにょっとしていたのがピンとしたような感覚。

自転車のタイヤの空気を入れる前と後みたいな。

つまりこれがコラーゲンによるお肌のハリなんだと気がついたわけだけど、今までハリが失われた柔らかい頬に慣れていたのでなんかちょっと変な感じ。

結果、頬全体に引っ張られてほうれい線もますます目立たなくなったんじゃないかと。

まさに狙い通りの結果に1歩近付きました。

頬のこけを中心に広く細胞を注入してもらうことで顔の中心部分のたるみも若干解消されるんじゃないかと期待していたのです。

こんな風に↓
2回目注入後-001


肌再生医療はヒアルロン酸とかボトックスなどの1点集中で改善モノとは違うから、シワを改善させるために注入したのにお肌にハリとツヤが戻り、毛穴も縮小され、注入個所だけではなく周辺にも広く影響が出てくることを改めて実感。

まさに1石3~5鳥な美容医療で私好み絵文字

これだけの結果ならお値段も高くないと思った。

頬のこけはまだ1ヶ月。

これからどうなる???
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

-  

質問ですが、ルミキシルはイオン導入したほうがいいですか?

2013/03/04 (Mon) 22:00 | EDIT | REPLY |   

Add your comment