美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

【インスリン編】炭水化物に効くGCS750の体内での働き

2013
27
現在過剰炭水化物摂取期でも健康的なダイエットをサポートするGCS750というアスリート向けに作られたサプリメントについて、アスリートではない場合はどうやったら効果を出せるのか思案中です。




GCS750を買ってから5日経過。

が、まだ飲める段階ではなく、ダラダラと炭水化物の消化吸収について調べているわけなのですが、その間にも同時に到着した例のかりん糖は着々と消化され、2袋完食して経った今3袋目を開封dekome.gif

   →例のかりん糖の記事


今のところ体重に変化はないけど、油断してるとすぐに太るので早いところGCS750の効果的な飲み方を自分なりに考案(?)しないと


と、言うわけで本日はインスリンについて、です。

GCS750にはインスリン分泌を刺激する成分、4-ヒドロキシイソロイシンが入っているので、インスリンについて理解することが大事ではないかと。

インスリンはすい臓から分泌されるホルモンで、実は体内では常に微量のインスリンが放出されています。

では、まずはインスリンの機能について。


インスリンが分泌される流れ

炭水化物など糖分のあるものを摂ると、小腸からブドウ糖が吸収され、血液に入る。
 
すい臓で血糖を察知して、血糖値に合わせた量のインスリンが分泌される。
 
インスリンが血糖値を正常なレベルに戻す。



インスリンが作用する相手とその働き

 筋肉(骨格筋、心筋)、脂肪組織  グルコース(ブドウ糖)の細胞内への取り込みを促進する。

 肝臓  血中(肝静脈)へのブドウ糖放出(糖新生)を抑制し、血糖値を低下させる。


以上を踏まえて、ダイエットに係るについて個別に掘り下げてみます。

 筋肉(骨格筋、心筋)や脂肪組織にグルコースへの取り込みを促進させる、ということは、

 筋肉→グルコースは速筋を動かすエネルギー源で、独自のタンクに貯蔵。タンクの容量に制限あり。
 
 脂肪組織→飢餓時の時のために余ったグルコースを貯蔵。貯蔵量に制限なし。

というわけで、糖分をたくさんとるとインスリンがどんどん分泌され、筋肉のタンクが一杯になったら、無制限に貯蔵できる脂肪細胞が抱え込む量が多くなって太るのです。



では、インスリンが筋肉や脂肪へのグルコース取り込みを促進する、というのは具体的にどうゆうことか、というと、インスリンが分泌されると、筋肉と脂肪細胞にあるGLUT4(グルット4)という糖輸送担体(グルコーストランスポーター:glucose transporter)が細胞の中から出現し、グルコースを細胞内に取り込む作業のお手伝いをします。

そのお手伝い効果は10~20倍。

つまり、インスリンが直接グルコースを取り込むわけではなく、インスリンに反応して出現したGLUT4(グルット4)がインスリンが分泌されることによってグルコース取り込み作業をお手伝いするわけです。

GLUT4(グルット4)が動かないとインスリンが分泌されてもグルコースの取り込み作業はまるで手作業みたいな感じだけど、グルット4によって機械化されるような感じ。

インスリンがないと細胞内へ引っ込んでいて筋肉や脂肪細胞へのグルコース取り込みのお手伝いをしないおGLUT4(グルット4)ですが、もうひとつGLUT4(グルット4)に手伝うように促すことができるものがいます。

それが「運動」です。

運動は、インスリンと無関係にGLUT4の発現を増加させ、筋肉細胞内へのグルコース取り込みを増加させることができます。

ところで、忘れてはならないのは、インスリンも運動もGLUT4を動かすということは、筋肉だけではなく脂肪も同様にグルコース取り込み量を増大させてしまっている、ということ。

貯蔵タンクに制限のある筋肉に比べて脂肪タンクは無制限。

だから炭水化物を摂ると太る、というのが一般論。

ここでGCS750の成分がやっと登場。


GCS750は、


4-ヒドロキシイソロイシン

 アルファリポ酸

  ヒドロキシクエン酸(HCA)

が主成分。


の 4-ヒドロキシイソロイシンはフェヌグリークという植物で、その種皮に含まれているアミノ酸の一種。これが、インスリンの分泌を促進させる作用があるのです。


でも、インスリンってGLUT4を動かすわけで、それって脂肪細胞にもグルコース取り込みを増量させるんだけど、これがなんで炭水化物を食べても太りにくいってなるわけ?


っていう疑問。

何も知らずにGCS750を飲んだらかえって太るんでは??

とか思うけど。。。

この点について、調べてみなければせっかく買ったけどGCS750は飲めません。



思った通り、時間がかかる。

この手の話、深入りするとハマるんです。


次回、いよいよGCS750の成分について突っ込んでみたいと思います。


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment